2020.10.21 / FOCUS

THE STANDARD
「Super Fine Merino Wool Knit Series」

standard_20201017_main.jpg

Side B - the essence of tomorrowland -



すべての物事には多角的な側面があります。
それはコインの裏表のように、不可分な関係性を持っているもの。
分かりやすい部分をA面とするなら、深堀りしたり、一見すると見過ごしてしまいがちなのがB面。
本項ではそんな「Side B」にフォーカスしていきます。


THE STANDARD



気付くと手にとってしまう存在。
ほとんどのトゥモローランドスタッフが所有している定番品があります。
日々、ファッションに囲まれている彼らが選び愛用している理由は何か?
十人十色のストーリーを聞きました。







Vol.1

「Super Fine Merino Wool Knit Series」





oosawa.png 大澤祐司
TOMORROWLAND ルミネ有楽町店 店長 兼 商品部


99年入社。ルミネ横浜店で販売を経験し、ルミネ新宿店のオープンスタッフに。その後、ルミネ横浜店店長、ルミネ有楽町店を経て現職に。様々な方と交わりながら店舗運営のプロとして活躍。誰もが認める人格者として長年トゥモローランドを支える一人。



「きっかけは"これは買っておいた方がいい"という直感」



かれこれ15年以上前になるかと思いますが、最初に入手したのはクルーネックのブラックです。店頭でドレスのスタッフがみんな所有しているのは知っていたのですが、「これは着回しが効きそうだな。買っておいた方がいい」という直感めいたものが働きました。当時はカジュアルな服装がメインで、ドメスティックブランドのレザージャケットなどを好んで着用しており、そのインナーとして合わせようと選んだ記憶があります。
作りに関しては枚挙に暇がないほどのこだわりがあり、着るほどにそれを実感することになりましたね。詳しくはオンラインサイトをご覧いただければ分かりますが(笑)、ベーシックを極めているデザインだからこそ、素材や編み立ての工程には一切の妥協がありません。本当に懐が深く、どんなスタイルにも過不足なく馴染むので着回すというより着倒して、その1枚は天寿を全うしました。



standard_20201017_0001.jpg

「マイナーチェンジを繰り返して時代性を取り入れる」


普遍的なベースは変わらないのですが、毎シーズンのアップデートをしていることも魅力の1つです。トレンドや気分を勘案したサイジングや新色の展開はもちろん、本当に細かいところの修正を施しています。さり気なすぎて身内でも気付いていないかも知れないレベルです。例えば今日お持ちしたタートルですと、今季は昨年と比べて襟の高さを低くしており、リブ部分の目数も減らしてテンションを調整し着心地を向上させています。こうしたマイナーチェンジを幾度も重ねることで進化し続け、ロングセラーとして親しまれているのでしょう。




standard_20201017_0002.jpg

「意図せず蒐集してしまうポテンシャル」


選択肢があるので趣向に合わせたものを選べるのもポイントです。いわゆるスーパーファインメリノウールという括りでのシリーズを展開するのが秋冬の風物詩のようになっているのですが、そのラインアップは年度によって異なります。今季は長袖のポロシャツが登場しました。クルーネックがロンTのような守備範囲の広さで軸となるかとは思いますが、このポロはよりキレイ目にコーディネートできる待望の1枚だと感じました。ドレスっぽいクリースの効いたパンツだけでなく、程よくフェードした〈Levi's〉の505やイージーパンツなどと合わせても上品な印象を演出してくれます。カジュアルの底上げアイテムとして手持ちのワードローブを有効活用できる即戦力ですね。



standard_20201017_0003.jpg
年令を重ねてラペルの付いたジャケットを着る機会が増えたこともあり、近年はタートルネックを入手する機会が増えました。ドレスとカジュアルのクロスオーバーが一般的になって久しいですが、ちょうどいいバランスで両方に活用できるので費用対効果が高いです。着続けたからこそ言えるポイントとしましては、ピリング(毛玉)しにくいということ。私のように顎髭があると普通は襟に干渉して発生しがちなのですが、上質な素材を丁寧に編み立てているこちらはその心配がありません。シーズンカラーの買い足しなども含め、ついつい気付くとコレクションが増えてしまいます。今の時期から春先まで長く着用できるので、実際に店頭でもスタッフ間で被ることもしばしば。でもシンプル極まるデザインということもあり悪目立ちはしないですね。あまりにも名脇役すぎてキャッチーさがない分、縁の下の力持ち的な位置で頼りになる存在です。とにかく袖を通していただければ、連綿と紡いできた飽くなきクオリティへの探究心を感じ取ってもらえることでしょう。シーズン進行に伴い色や形によっては枯渇しつつありますので、ぜひお早めにご確認いただくのをおすすめします!






「Super Fine Merino Wool Knit Series」




63020402004.jpg

Knit:¥20,900(tax in)
>>BUY ONLINE

63020402002.jpg

Knit:¥20,900(tax in)
>>BUY ONLINE

63020402003.jpg

Knit:¥18,700(tax in)
>>BUY ONLINE





63020402005.jpg

Knit:¥19,800(tax in)
>>BUY ONLINE

63020402001.jpg

Knit:¥22,000(tax in)
>>BUY ONLINE



ONLINE STORE
Super Fine Merino Wool Knit Series
特集ページはこちら


BACK

RECENT ARTICLE