2021.05.11 / FOCUS

INTERVIEW with RIER

rier_interview_20210511_thumb.jpg
Photographed by Alma Libera

トゥモローランド 渋谷本店にて、5月13日(木)から5月23日(日)までの期間、「RIER ORDER FAIR&POP UP STORE」を開催いたします。
南チロル地方の伝統的な花柄刺繍を用いたWALKER JACKET・WALKER GILET・ WALKER COATの数量限定の先行予約に加え、LONG SLEEVE SHIRT・SHORT SLEEVE SHIRT・UNDERWEARの3型をデザイナーがトゥモローランドのために厳選した24種の生地の中から、お好みの生地をお選び頂けるオーダー会も併催いたします。

今回は、上記イベントに合わせてデザイナーにインタビューさせていただきました。





RIER_001.jpg

Q:最近個人的に買ったファッションアイテムはなんですか?


南チロル地方で手作りされた一枚革のフォークロア・サスペンダーです。 これはパリのショールームに飾っていて、今回のトゥモローランドでのMTO(メイド・トゥ・オーダー)イベントでも店頭に飾られます。壁にフラットに掛けることによってアンティークのアイテムがとてもモダンなものへと変貌し、本来の用途から切り離した見せ方での活用がとても気に入っています。様々な装飾要素が黒い革の表面に打ち込まれています。一枚の革の表面に手仕事を施されたアクセサリーとしてのミニマリスト感が気に入っていて、とても新鮮に感じています。

Q:あなたにとってのファッションアイコンは誰ですか?


この上ないアイコンとして挙げて話すのはあまり好みではありません 。 最高のそして偉大なるアイコンとなる人々は世界中に沢山いて、どのようなアイコンでも、誰もひとりでは成立しないと思っています。
Photographed by Alma Libera

Q:ブランドとして、今後チャレンジしたいこと、取り組みたいことは何ですか?


タイムレスでクラッシックワードローブの現状を打破すること、服が品質とデザイン双方の面からリスペクトされること、これらが〈RIER〉にとっての変わらぬゴールです。品質、自然素材、そして理にかなった供給連鎖、ローカルの職人と家族経営ビジネスの活性化に重点を置いています。

rier_002.jpg
Photographed by Yann Faucher
Styling by Jerome Andre
Consulting by Clarisse Demory
Casting by William Lhoest


Q:あなたにとってファッションとは?


ファッションではなくスタイルとして答えさせてください。デザインだけではなく特定の物の進化、そしてどうやってそれらを現代的に仕上げ、我々の日常生活にリンクさせられるかということを私は考えています。

Q:日本のファッションに対する印象を教えてください。


日本のパートナーやお客様、人々の生活様式、習慣、伝統、儀式、食事、美学、建築...に関していつも思いを巡らせています。ですので、1日も早く日本を訪れ、日本の文化に直接触れ、学べる日が来るのが待ち遠しいです。 ディテールに対する愛、ミニマリストな美学、削ぎ落とされた輪郭、機能性とプロダクトの内外の品質、常に完璧へと進み続けているところにとても感銘を受けています。

Q:トゥモローランドの印象は?また、自身のブランドとの親和性についてどう思われますか?


トゥモローランドは、現代的なアティチュードと時代を超えた鋭い審美眼でデザイナーズからハイブランドまで日本のお客様に対して長い間発信をし続けています。 トゥモローランドと〈RIER〉は、私が感じるコアバリューというものを互いに保持しているので素晴らしいマッチングだと思います。 それらの共有されたアイディアが昨年9月にオーストリア製のヘリテイジクラッシックのMTO(メイド・トゥ・オーダー)のイベント開催にいたりました。 今回、フランス製のラグジュアリーシャツへと、MTOの提案が拡げられ、日本のお客様にご覧いただける事をとても楽しみにしています。
rier_003.jpg
Photographed by Alma Libera
Styling by Francesca Cisani


rier_20210512_001.jpg

Q:Prêt-à-porterがファッション産業の大部分を占める中で、AndreasさんのMTOへのこだわりとは何ですか?


私は、RTW(レディ・トゥ・ウェア)コレクションの中でも、象徴的で高品質のアイテムを特に好みます。その上で、お客様へのプロフェッショナルなサービス、アドバイス、提案を加味することで、あらゆる人が各々の条件と一番のタイミングで利用できるようにするというアイディアが非常に好きです。ブランドにとってだけでなく、お客様にとっても、よりお互いを知ることが出来る関係を築く絶好の機会です。なぜか私にとってはこの方法の方が一般的なRTWよりも深みを感じます。そして、MTOは、チェーン展開しているようなRTWでは不可能な贅沢な素材、手仕事、ローカルの職人技を提供し、妥協のないクオリティのものを作ることができるという素晴らしい機会でもあります。
Photographed by Alma Libera Styling by Francesca Cisani
イベント詳細は以下をご確認ください。
「RIER ORDER FAIR&POP UP STORE」

BACK

RECENT ARTICLE