2021.10.26 / FOCUS

BRIDAL RING ORDER "BUYER Interview" vol.1

re211006_tomorrowland10166.jpg

TOMORROWLANDの『BRIDAL RING ORDER』。
アクセサリーバイヤー和田が、参加ブランドの魅力をお届けしていきます。

vol.1では〈CHERRY BROWN〉、〈hum〉、〈MONAKA jewellery〉、〈JOAQUIN BERAO〉、〈PALA〉の5ブランドをご紹介いたします。







TOMORROWLAND バイヤー
和田麻里子
@mariko.wd

TOMORROWLANDのアクセサリーバイヤーを担当。 パッと目を引く華やかなスタイリングに合わせる アクセサリー遣いも他の人には真似できない唯一無二のバランス感覚。 凛としながらも華やかさと大人な遊び心がチャームポイント。





bridal_ interview_logo0102.jpg

※以下ブランド名アルファベット順。


CHERRY BROWN
instagram:@cherrybrown_marriage

フラワーデザイナー・インテリアコーディネートの経験があるデザイナー・石川慶子氏が独学により立ち上げたブランド。"喜びが宿るものづくり"をテーマに、形にはまらない自由な発想でジュエリーを発表。シンプルなデザインから引き出される手仕事ならではの素材の特徴や付け心地の良さを追求している。

「自分自身でカスタマイズできるバリエーションの豊かさが魅力的です。"basic"では、合計6色 ―プラチナ、イエローゴールド、ホワイトゴールド、グリーンゴールド、ローズゴールド、シャンパンゴードー から1個のリングに対してお好きな3色を選べます。ここまで色数が選べるジュエリーは珍しいです。3面あると、毎日違う色のリングをしているように楽しめますよね。」


cb_210219right1.jpg
/news/obj/cb_210219right2.jpg
/news/obj/cb_210219right3.jpg
/news/obj/cb_210219left2.jpg

「色だけではなく、職人さんの手仕事ならではのカスタマイズも特徴的。例えば、仕上げにも basic(マット)/brillant(ツヤ)/martlé(槌目)の3種類から選べて、ダイヤの数と位置もそれぞれ自分の好みに合わせて選べます。そして、側面の部分にも1文字1文字丁寧に手打ちで刻印も入れられます。アンティーク家具に囲まれたブランドのショップ&アトリエを体感してみると、ブランドの世界観すべてにおいて職人の手仕事感を大事にされていることが伝わってきます。華奢でエレガントな雰囲気がありつつも、手作り感のあるリングを探している方にはオススメです。色と素材の組み合わせで、型にとらわれない自分だけのオリジナルなリングをぜひ見つけてみてください。」






hum
instagram:@hum_official
>>Designer Special Interview

ふとした瞬間奏でる"humming"のように、記憶に存在したいという想いが込められた〈hum〉。伝統的な技法を活かし、手作業によるジュエリー作りにこだわりを持つ職人・貞清智宏氏と、豊かな感性で、オリジナリティあふれるデザインを提案するデザイナー・稲沼由香氏のふたりが生み出すジュエリーを展開。すべてアトリエでハンドメイドによりつくられている。

「職人とデザイナーのコンビネーションでつくられているリングなので、職人技が詰まった重厚感のあるデザインが特徴的です。定番リングの『MUGEN Ring』は、ドイツの天文学者、メビウスの帯をインスピレーションに、humが初めてデザインしたブライダルリングです。名前の通り、1本の線が表から内側へと緩やかな螺旋を描くことで、決して途絶えることのないふたりの永遠の絆を表現しています。そして、そのラインにダイヤを入れていくことでカーブの部分には内側、直線には外側のダイヤが並び、様々な表情を楽しむことができます。もともと石留めの職人さんなので、凹凸感もなく滑らかにダイヤが入り、付け心地も良いです。」


/news/obj/hum_210219_01.jpg

MUGEN Ring

/news/obj/hum_210219_02.jpg

Octagon Ring



「"Octagon Ring"は幸運を引き寄せると言われている8角形のフォルムのリング。カラー展開は、グリーン/ホワイト/プラチナになります。永遠の愛の象徴として、古くからブライダルリングのモチーフに使われてきた月桂樹を曲面に彫った繊細な職人技が魅力的です。ヨーロッパで伝統的に用いられている手法『ミル打ち』による模様は重厚感がありつつも、全体は細身なリングなので男性の方でも付けやすいと思います。」








JOAQUIN BERAO
instagram:@joaquinberaojp_official

1982年にホアキン・ベラオ氏が創業以来、スペイン・マドリッドを拠点に展開。彫刻作品や建築を思い起こさせる圧倒的な造形美と身に着ける人を引き立たせるバランスが一体化した個性的なデザインが特徴的。制作工程はすべてマドリッド自社工房の熟練職人の手作業によって行われているクオリティで、現地マドリッドから日本まで長く愛され続けています。

「現地で培った長年の職人技によるアーティスティックな造形美が美しいです。個性的でありながらも、ブライダルリングとしてのエレガンスさも兼ね備えています。代表的なシリーズである"MEA CULPA"は、『私の罪』と言う意味があるんだそうです。『なぜ罪?』と思う方もいると思うのですが、生涯ともにしていくジュエリーを選ぶ時ってどんなに自分が欲しくてたまらなかったデザインでも買う時に少し罪悪感に駆られますよね(笑)。そこには、罪の意識を持ちながらも、それでも手に取ってしまうほどの美しさを放つデザインというブランドからの裏返しの意味もあります。」


joaquin_211020_04.jpg
joaquin_211020_05.jpg
joaquin_211020_06.jpg
joaquin_211020_07.jpg
joaquin_211020_08.jpg
joaquin_211020_09.jpg


「わたしのオススメのリングのスタイリングは、『MEA CULPA』の重ね付け。重ね付けすることで、ちょうど曲線の隙間にはまることでより立体的なリングとして存在感がでます。リング自体も華奢なものから太いものまでバリエーションがあるので様々な組み合わせを考えられるのではないでしょうか。例えばエンゲージリングを買ってから、そのあとダイヤを入れたマリッジリングを重ね付けもできますよね。同じデザインのリングを組み合わすことは、なかなかないのですが、むしろ繊細な計算力と造形美をもち合わせる〈JOAQUIN BERAO〉だからこそオススメできるスタイリングです。」








MONAKA jewellery
instagram:@monaka_jewellery

中秋の名月、満月を意味するモナカ。世界各地で買い付けてきた珍しい天然石とダイヤを使用したデザイナー・寶神朝子氏の個性的な石使いとその魅力を引き出すデザインが特徴的。個人を表現する大切なパーソナルアイテムとして永く愛されるようひとつずつ丁寧に手仕事で制作している。

「デザイナーの寶神さんが本気で石の魅力を引き出そうとしている姿に感動しました。宝飾品としての宝石の見方と鉱物好きとしての宝石、ふたつの視点から選んだ石のバリエーションとクオリティにいつも驚きます。ブランドのコンセプトを体現しているロックピアスは、まさに石の原型をそのまま活かした存在感のある1点もの。マリッジリングに使われているローズカットのダイヤモンドもすべて一点ものなので、それぞれのリングも少しずつデザインが違うんです。さまざまな石の表情から自分だけのお気に入りを探してみてください。」

21FW_bridal_monaka_item01.jpg
左:Prong Round Ring、中:Collet Round Ring、右:Rinne Round Ring


「そんな〈MONAKA〉らしさを感じられるブライダルリングとしては、"Rinne"シリーズと"Prong"シリーズがオススメです。"Rinne"シリーズでは、クラフト感のある台座にダイアモンドを取り囲むようにメレダイヤモンドを施しているデザイン。"Prong"シリーズも、爪留めダイアモンドを主役としつつ、シンプルに仕上がっているリングになります。アトリエに伺った際に、見せていただいた石の数は何百個もあって、その中でも寶神さんだからこそ見抜けるデザインの組み合わせがあらわれているシリーズになります。それぞれの石の持ち味を存分に引き出すデザイン。パートナーの方とお互いに好きな石を選んでつけられるワクワク感をぜひ感じてみてください。」








PALA
instagram:@palajewelry_official

"シンプルにスパイスを"日常の身近なものを違った角度から見たとき、新たな発見から得られるインスピレーションを元にジュエリーを生み出している。世代を超えてもモダンでタイムレスなものとなるようなデザインを追求。デザイナー・木村朱里氏自身が制作に携わることにより、クラフトマン目線でのクオリティーを大切にしているブランド。

「ブライダルリング以外にもネックレスやデザインロックなど、さまざまなジャンルのジュエリーを展開しているので、日常的にもブランドの雰囲気を楽しんでいただけるのではないでしょうか。〈PALA〉のマリッジリングの定番でもある"ハーフシグネット"は、中世ヨーロッパで判子のように使われていたシグネットリングからインスピレーションを受けたデザインになっています。一般的なシグネットリングと異なり、"ハーフシグネット"は、2人がそれぞれのリングを上下合わせることで、ひとつの家族になるようなイメージとしてつくられています。色展開もゴールド、シルバーと2色展開なので、同じ色で揃えてもいいですし、あえて違う色をお互い身につけることで特別な個性感も感じられます。」

ハーフシグネット リング

ハーフシグネット リング

デイト リング

デイト リング


「より2人だけの特別なリングとして紹介したいのは"デイトリング"。名前の通り、記念日をリングの側面に掘ることができるパーソナルリングになります。側面からは、直線的な切れ目がデザインになっていてシンプルに見えるのですが、リングを真上から見ると記念日が見える特別感のあるデザインになっています。結婚記念日、出産記念日など節目にあわせて刻印していってもいいかもしれませんね。ダイヤあり/なしも選べる究極のカスタムリングです。」



vol.2では〈Satomi Kawakita Jewely〉、〈simmon〉、〈SIRISIRI〉、〈talkative〉、〈tmh.〉、〈noue〉の6ブランドをご紹介いたします。










21FW_shibuyaBRIDAL RING ORDER_1080-1080.jpg
BRIDAL RING ORDER

トゥモローランド 渋谷本店では、11月4日(木)から11月21日(日)の期間、『BRIDAL RING ORDER』を開催いたします。








bridal-banner_750.jpg
TOMORROWLAND BRIDAL




BACK

RECENT ARTICLE