Back

Shop Column

トゥモローランド
自由が丘店(メンズ)※2013年5月クローズ

店舗写真

目黒区自由が丘2-16-10 メイプルファーム内

→Shop Locator

スタッフ写真

トゥモローランド
自由が丘店(メンズ)※2013年5月クローズ

佐藤 貴之

2011.11.29

トゥモローランド 自由が丘店(メンズ)※2013年5月クローズ

アンリークイール 2011秋冬 Vol.2

この前の休日は馬喰町を散歩。
浅草橋から隅田川を渡って。
この界隈は日本の革産業のメッカ。
老舗の革屋や鞄の会社が多いですね。

この場所のもうひとつの新しい顔。
アノニマスなマインドを持った雑貨屋、カフェが集まってきています。
その一軒のフクモリというお店で行われた堀聡さんのスパニッシュギターと阿部海太郎さんピアノのライブに。

111129jmens1.jpg
フクモリ Official Site

堀さんは、先日に私の先輩のイベントで知り合ったのがきっかけ。
スペインはアンダルシアの音楽を日本人の感覚でアレンジ。
海外で見てきたものを、自分のナショナリズムを大切にしながらスタイルをつくる。
私たちの世界にも通じるなにかがあります。

さて、この冬。
ようやくアンリークイールのバックが届いてまいりました。
作り手のアンリ べグラン氏本人も、スイス人特有の山岳気質のしっかりとしたものづくり。
そこにイタリアでの生活のおおらかな美意識を織り交ぜてつくられます。
そういうワールドワイドな感覚が面白いところ。
実際に丈夫に使えて、持っていて楽しいんです。


DOREVANT
111129jmens2.jpg
まずは、こちら。
彼らの真骨頂、CUOIOという革を使用。
手でひとつ ひとつ穴を開け、ところどころに刺繍が入っています。
張りがある革なのでピシッと立ちます。

111129jmens3.jpg
¥186,900


PUMA CRETA CUOIO
111129jmens4.jpg
パズル型のバッグ。
人との繋がりを大切にしたいという意味が込められているそうです。
中は、麻の内張りが。

色も黒にナチュラルカラーのステッチが施されています。
黒に和らぎがでます。
以前、あるデザイナーさんと食事をした折り。
「陰影のある黒が好き」
そんなことを思いだします。
存在感があり、着こなしのアクセントになります。
本当に唯一無二の形。
¥208,950


BELLEVILLE POX LUX
111129jmens5.jpg
こちらのミニバッグ。
肩ひもは長さを調整できます。
真ん中を手でクロス縫いして立体的に仕上げています。
もうひとつ、キャンバスのバッグなどと一緒に持ってもいいですね。
小さくても、大きな存在感。
¥126,000
ブルーワークのニット
¥33,600


ECHOPPE
111129jmens6.jpg
こちらは、小振りのムートンを使ったトートバッグ。
見た目より、ずっと軽く使えます。
中は暖かみのあるボアが。
革紐で繋ぎあわせたデザインに洒落心を感じます。
¥99,750


CARMET
111129jmens7.jpg
このブランドにしては珍しい、ほどよくワイルドなかんじ。
ムラ感のある染め方。
イタリアの革は、あたかもテキスタイルをつくるかのような感覚で革をつくられています。
革の豊富さも見どころ。
ショルダーバッグの場合、肩掛けの雰囲気も大切。
服と一体化する所なので、ニュアンスが大切です。
¥187,950


クイールのようなバッグにはこんな素材感豊かなニットとの相性が。
111129jmens8.jpg
今年の冬はローゲージで網み目のユニークなシリーズが多いですね。
ブルーワークのジョン ブラニガンというアイルランドの生地を使ったニット。
いい雰囲気です。
¥49,350


冬の楽しみがまたひとつ。

111129jmens9.jpg

皆さまのお問い合わせや、ご来店お待ちしてます。

佐藤 貴之


東日本大震災に対する支援について
メールマガジンのご登録はこちらから
トゥモローランド 自由が丘 MEN'S (@TML_Jiyugaoka_m)on Twitter
カフェ キャバノン(@cafe_CABANON)on Twitter