Back

Shop Column

2012.05.15

トゥモローランド ルミネ大宮店

SOULEIADO

太陽王ルイ14世の時代、オリエントから地中海を経てマルセイユの港へともたらされた色鮮やかで美しい布地。
トワルパントと呼ばれる版木染めの技法で作られたこの異国趣味のファブリックは、やがて南仏のまぶしい太陽の下でプロヴァンスプリントという独自の花を咲かせます。
それと時を同じくして、〈SOULEIADO〉は生まれました。
〈SOULEIADO〉の歴史はプロヴァンスプリントの歴史そのものです。

プロヴァンスプリントの歴史が刻まれた40,000点の版木は、〈SOULEIADO〉のものづくりの源泉であると同時にプロヴァンスの財産でもあります。
その膨大なコレクションの中から特徴的なモチーフをご紹介します。

120515omiya_sol1.jpgラ・プティット・フルール・デ・シャン

野に咲く小さな花を束ねたような可憐なブーケのモチーフ。
緻密な地模様が版木職人の技を今に伝えます。

120515omiya_sol2.jpgラ・フルール・ダルル

アルルに咲くアザミの花がモチーフ。
芸術家たちを魅了したアルルの明るい陽光が目に浮かぶデサインです。

120515omiya_sol3.jpgラ・プティットムーシュ

「小さな愛らしい虫」を意味するこのコレクションは、温暖な気候に恵まれ、多くの生命を育むプロヴァンスならではのデザインと言えます。
小さな虫の造形をモダンな図案化したコレクションとなっています。

120515omiya_sol4.jpgラ・トラモンタンヌ

トラモンタンヌはプロヴァンスを吹き抜ける強い北西風のこと。
風に舞い踊る木の葉の図柄は18世紀のもの。

120515omiya_sol5.jpgラ・メルヴェイユ

プロヴァンスの古語で「おしろい花」、同時に「見事な」という意味も。
幾何学柄の端正な美しさを讃えた名称。

それでは[TOMORROWLAND News]でもご案内しています晴雨兼用で使用できるルミネ大宮店別注の傘をはじめ、アイテムをいくつかご紹介しましょう。

120515omiya1.jpg傘:76-11-21-11702/¥13,650

ワンピース:75-06-14-06001/¥33,600

120515omiya3.jpgブラウス:75-01-22-01002/¥14,700

120515omiya4.jpgバッグ:¥15,750
ポーチ:¥2,940~¥3,990
ハット:¥15,750

これからの梅雨、そして日差しが強い季節に気分を爽快にしてくれるアイテムで夏を楽しんでみませんか?

このようにルミネ大宮店では、5月18日(金)から31日(木)まで〈SOULEIADO〉のアイテムを豊富に取り揃えてご紹介いたします。
ルミネ大宮店別注の傘はもちろん、ウェアやグッズも幅広いバリエーションです。
色鮮やかで美しい色合いを特徴とした〈SOULEIADO〉をお楽しみください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。


SOULEIADO Official Site
ルミネ大宮店 Official Site
東日本大震災に対する支援について
メールマガジンのご登録はこちらから
twitter@TML_Omiya

ilumine_for_shop_column.jpg掲載アイテムの一部はアイルミネでもご購入いただけます