Back

Shop Column

2012.07.10

トゥモローランド ルミネ大宮店

Recommended Accessories

毎日身につけたいアクセサリー。
個性豊かに輝くアクセサリーは「Choose me!」と言っているような気がしますよね。

そろそろ夏のスタイリングも揃ってきたところで、プラスしたいのがポイントになるアクセサリーですね。
今回は、夏のおしゃれのアクセントになるアクセサリーブランドをご紹介します。


ANTON HEUNIS
120710omiya1.jpg
スペインを拠点とした、デッドストックのコスチュームジュエリーを使ってアクセサリーを作っているブランド。
シルバーを焼いて酸化させてグラデーション効果を出したり、コスチュームジュエリーをコンテンポラリーにアレンジしたり、テクニックとアイデアが上手く表現できています。


ESME by ASTALI
120710omiya2.jpg
〈ESME by ASTALI〉は、N.Y.でデザインされすべてハンドメイドされています。
デザイナーはShannon Astali Dejong。
彼女は幼少期をアイオワの田舎で過ごし、捨てられたオブジェなどを集めそれらに手を加えて新しいものに生まれ変わらせていました。
その後、カスタマイズジュエリーを作り始めました。


EMA TAKAHASHI
120710omiya3.jpg
ミニマル・ゴージャスをコンセプトに、ニューヨーク拠点として始まった〈EMA TAKAHASHI〉。
あらゆるアートや自然界から発想を得ますが、すべてを独自に抽象化することで、フェミニンな中にもグラフィカルで強さのあるデザインを創り出します。
エッジが効いていてエレガント、シンプルでありながらゴージャスといったスタイルは理想の女性像のようです。


gumit
120710omiya4.jpg
古いものや時代に敬意と愛情を持って、デザイナー自らの目で選ばれた生地やパーツ、その素材に込められた歴史とストーリーを織り込みながら新しい息吹を吹き込んでいます。
アメリカ、ヨーロッパより収集されたビンテージファブリック、ビンテージパーツを使用した女性デザイナーによるハンドメイドアクセサリーブランドです。


Deepa Gurnani
120710omiya5.jpg
デザイナーは、Deepa GurnaniとJay Lakhani。
彼らのコレクションは、すべて高品質の素材を使い、高い技術を持った職人によってひとつずつハンドメイド、最終的にデザイナーの手によってクオリティをチェックされ、最後の仕上げがなされています。
スパンコールやビーズを使用した素材は、インドならではの非常に繊細で手の込んだディテールになっています。


Kenneth Jay Lane
120710omiya6.jpg
アメリカ・ニューヨーク発のコスチュームジュエリーブランド。
Elegance(上品であること)、Luxury(ラグジュアリー)、Good Taste(センスのよさ)は決して時代遅れにはなりません。
ケネス氏は、1960年代からアメリカンコスチュームジュエリー界でトップと称され、ファッションアイコンとなった多くのセレブリティやモデルに愛され続けています。

※アイテム詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい。

ご紹介させていただいたアイテムの他にも数多くのアクセサリーを取り揃えています。
ポイントになるアクセサリーを身につけて、夏のスタイリングを楽しんでみませんか?
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。


ルミネ大宮店 Official Site
東日本大震災に対する支援について
メールマガジンのご登録はこちらから
twitter@TML_Omiya

ilumine_for_shop_column.jpg掲載アイテムの一部はアイルミネでもご購入いただけます

ルミネ大宮店では現在、販売スタッフを募集しています。
詳しくはこちらの採用情報をご覧ください。