Back

Shop Column

2012.09.20

トゥモローランド 銀座店

Essence of classic

残暑もようやく落ち着き、装いを楽しめる季節になりました。
並木通りも落ち葉が目立ち始め、季節の移り変わりを感じます。
この時期になると、シューズやバッグなどの小物たちについ目がいってしまうもの。
時を越えて永く愛用できるベーシックなアイテムが気になります。
その中でも、クラシックなものづくりの中にフェミニンさを感じる、ふたつのイギリスブランドをご紹介いたします。


J&M DAVIDSON
ブランドの始まりは1本のベルトから。
デザイナーのジョンとモニク夫妻は、ある時にドッグカラーとリードに使われている革がとても美しいことに気づきます。
彼らはそのドッグカラーを作っている工場を訪ね、私たちが身につけるものにできないかとベルトを作ってもらいました。
そんな彼らのひらめきから始まったこのブランドは、クリエーションのすべてを家族で手掛けています。
ジョンの英国的なクラフツマンシップに、モニクのフレンチシックなデザインが加わることで、ベーシックな中に女性らしさが生まれます。
〈J&M DAVIDSON〉のバッグは一見シンプルで堅い印象に見えますが、素材や色使いにフェミニンさを感じることが出来ます。
トゥモローランド 銀座店ではバッグの他にシューズやウエアもございます。
毎日の着こなしに、さりげなく取り入れていただきたいブランドです。

0920ginza1.jpg
0920ginza2.jpg
0920ginza3.jpg
0920ginza5.jpg
J&M DAVIDSON/¥26,250~


ANYA HINDMARCH
デザイナーのアニヤ・ハインドマーチは、「女性が求めるものを詰め込んだユニークなバッグを作りたい」という想いからブランドを立ち上げました。
お気に入りの写真をプリントすることができる「Be A BAG」や、孫の代まで受け継いで欲しいという願いから、フルオーダーできる「BESPOKE COLLECTION」をスタートさせます。
象徴的なブランドマークには、「女の子がプレゼントの"リボン"をほどく時のわくわくする気持ちを感じて欲しい」という想いが込められています。
また、バッグの内ポケットには「MUSIC」「PHONE」「BITS&BOBS(こまごましたもの)」などのラべリングがされています。
大きなバックで大事なものを見失わないように、という遊び心も隠されています。
〈ANYA HINDMARCH〉のバッグには、持つだけでわくわくするような女心をくすぐる要素が至るところに散りばめられています。

0920ginza6.jpg
0920ginza7-.jpg
0920ginza8.jpg
0920ginza9.jpg
0920ginza10.jpg
ANYA HINDMARCH/¥99,750~

クラシックな中に感じる温かみや、遊び心はイギリスブランドならでは。
皆さまのご来店を心よりお待ちしています。


東日本大震災に対する支援について
メールマガジンのご登録はこちらから
twitter@GINZA_TML