Back

Shop Column

トゥモローランド
自由が丘店(メンズ)※2013年5月クローズ

店舗写真

目黒区自由が丘2-16-10 メイプルファーム内

→Shop Locator

スタッフ写真

トゥモローランド
自由が丘店(メンズ)※2013年5月クローズ

佐藤 貴之

2012.10.25

トゥモローランド 自由が丘店(メンズ)※2013年5月クローズ

BLEU DE PANAME

あたたかな秋。
飛び級のような形で冬に。
そろそろ秋も終盤ですね。

冬支度の前に、もう一度クローゼットを見返すタイミングかもしれません。

1025jmen1.jpg

世界の文化はクロスオーバー。
海外の街でも日本のブランドは数多く紹介されるようになりました。

海外で自国の文化が評価され、改めてまた良さに気づく。

各国でも近年、自国の文化を見つめ直す動きも目立ちます。
ロンドンでは、モダンブリティッシュの流れ。
私たち日本では、民藝など。

1025jmen2.jpg

こちらは自宅にある南部鉄器のオブジェ。
以前は北欧で、今は盛岡でデザイン活動をされてる方のもの。

自分たちの国に伝わるものを、自分たちの国や街で。
つくり手どうしが、お互いが近くにいるわけで、意思の疎通がはかりやすい。
きっといいものができるでしょう。


「自分たちのルーツへ」
パリの街でメイドインフランスに拘ってモノづくりをしている人たちがいます。

1025jmen3.jpg

今回は〈BLEU DE PANAME〉(ブルー ド パナム)をご紹介。
トーマスとクリストフのふたり組のデザイナーによるブランドです。
本国のホームページのPVもかっこいい。
ある朝、カーリーヘアの男性が、バールで一杯コーヒーを飲んだ後。
颯爽と自転車乗って自分のアトリエにいく。
そこで、デニムを裁断。
リベット打ち込んだり。その工程の映像をリズミカルに。
スタイリッシュで軽やかな雰囲気を感じとれます。

ヨーロッパのワークウェアをモチーフに、洗練されたデイリーウェアをつくっています。

ジップアップモールスキン ブルゾン
1025jmen4.jpg
¥21,000
肌触りがなめらかなコットンモールスキンを使用。
絶妙なコバルトブルー。
形も、実際に着てみるときれいなんです。

1025jmen5.jpg

こちらは色違いのグレー。
スマートなんですが、肩まわりにはゆとりを持たせています。

フロントポケットの曲線美。
ヨーロッパのワークウェアの特徴。


コーデュロイ ブルゾン
1025jmen6.jpg
¥33,600
タンカースとスタジャンをかけあわせたデザイン。
白いボアが暖かさとデザインのポイントに。
コーデュロイの素材をひきたてます。

玉縁のポケットや、風合いのあるボタンなど。
ひとつひとつ丁寧につくられている感じがします。

足元はトリッカーズ。
ブルーワークの濃いネイビーのツイードパンツにあわせて。


3ポケット ボアジャケット
1025jmen9.jpg
¥31,500
しっかりしたコットンツイルにボアがついたデザイン。
首元から温かさが伝わってきます。


ダックパッチ デニムパンツ
1025jmen7.jpg
¥18,900
このブランドを気に入ったきっかけになったもの。
ダックのパッチがアクセントに。
シンチバックとやや下についてるポケット。
後姿にも表情があります。

他にも型違いのデニムで、カモフラージュも。

1025jmen8.jpg

ワードローブに加えることで、ここからコーディネートが広がります。
皆さまのお問合せや、ご来店お待ちしております。

佐藤 貴之


※キッズの服がオンラインでもお求めいただけるようになりました。
BOYS&GIRLS TOMORROWLAND Official Site
ぜひご覧ください。

東日本大震災に対する支援について
メールマガジンのご登録はこちらから
twitter@TML_Jiyugaoka
twitter@cafe_CABANON

自由が丘店では現在、販売スタッフを募集しています。
詳しくはこちらの採用情報をご覧ください。