Back

Shop Column

トゥモローランド
御堂筋店

店舗写真

大阪市中央区西心斎橋2-2-3 1F
TEL:06-6212-5911

→Shop Locator

スタッフ写真

トゥモローランド
御堂筋店

藤田 純子

2012.10.18

トゥモローランド 御堂筋店

Featured men's knit this fall

ニットといえば、近年では形やバリエーションが増え、素材感や着心地も多種多様になってきました。
いろいろな場面で防寒はもちろん、ファッション性としてのスタイル。
四季がある日本にとっても切っても切れない存在です。
前回のこの秋オススメのウィメンズシューズに続き、メンズからはこれから活躍するニットをご紹介いたします。


1018mido1.jpg
1枚で様になるニット羽織り。
ショールカラーニット、ラペルニット。
シャツ、タイドアップはもちろん、カットソーなど様々な合わせ方ができます。
ショールカラーとはへちま襟のこと。
へちま状に細長く折り返って曲線的に作られたデザインの1枚襟で、ショールをかけたような形であることからこのような名前がつけられました。
ラペルニットもショールカラーニット同様、ベーシックで時代に左右されないスタイルで、より落ち着いた感じやエレガントさ、洗練されたクラシックなイメージを醸し出してくれます。
左から
GRAY:64-02-25-02011/¥51,450
JIL SANDER:96-02-25-02001/¥90,300
TOMORROWLAND tricot:63-02-24-02614/¥27,300
Blue Work:51-08-24-08007/¥33,600

***

1018mido2.jpg
高級感あふれるガウン。
婦人用の正装であるイブニング・ガウン、花嫁のウェディング・ガウン、ナイト・ガウンやドレッシング・ガウン、黒色や灰色の、法服のジャッジ・ガウンや大学の式服のアカデミック・ガウン、ジュネーブ・ガウンなどさまざまあり、今日まで用いられています。
日本ではバスローブ、バスガウンのイメージが強いと思いますが、今ではコーディネートの主役として定番のニット羽織をお持ちの方におススメです。
TRUSSARDI:96-02-25-02020/¥96,600
TRUSSARDI:96-02-25-02022/¥82,950

***

1018mido3.jpg
〈Edmund McNulty〉は1997年アイルランドで設立。
同年にアイルランドでニットデザイングランプリを獲得しました。
アイルランド中部のキルケニーにアトリエを構え、編み機で何度も試し編みを繰り返し、デザインを完成させています。
アイルランドといえば、アランセーターを始めとしたニット大国。
どこか温かく、デザイン性にも富んだ「Made in Ireland」の着心地を試してみてください。
Edmund McNulty:52-02-24-02030/¥39,900
Edmund McNulty:52-02-24-02029/¥30,450

***

1018mido4.jpg
カジュアルに、だけれどもカッコよく着たい。
ニットパーカーや少し網目のデザイン性があるパーカー。
デイリーに着られて、このまま街へ出かけたくなるようなシンプルだけれど1枚で様になるニット。
JAMES PERSE:18-02-15-02300/¥44,100
Acne:96-02-25-02018/¥32,550

***

1018mido5-.jpg
素材はカシミヤ×シルク。
定番の〈TOMORROWLAND tricot〉のニット。
スーツやジャケットのインナーとして、カシミヤ×シルクの素材感が一層ビジネスシーンを暖かく、品をもたらせてくれます。
落ち着いた色展開、同素材でVネックやタートルもご用意もあります。
TOMORROWLAND tricot:63-02-24-02120/¥33,600

次週の[Shop Column]では、これから活躍するアウターをご紹介します。
皆さまのご来店、お問い合わせを心よりお待ちしております。


東日本大震災に対する支援について
メールマガジンのご登録はこちらから
twitter@TML_Midosuji