Back

Shop Column

トゥモローランド
名古屋ラシック店

店舗写真

名古屋市中区栄3-6-1 ラシック 3F
TEL:052-238-0845

→Shop Locator

スタッフ写真

トゥモローランド
名古屋ラシック店

成嶋 瞬

2012.10.26

トゥモローランド 名古屋ラシック店

MACKINTOSH POP UP SHOP Vol.2

〈MACKINTOSH〉について、10月18日(木)にアップしたバイヤー神谷による[Staff Column]は皆さまご覧いただけましたでしょうか?
TOMORROWLAND Staff Column「MACKINTOSH」

私たちもなかなか見る機会が少ない現地の写真も多く、〈MACKINTOSH〉のハンドメイドの温もりを改めて感じることができました。
今回の〈Shop Column〉は様々なモデルをご覧いただきながら、ポップアップショップの雰囲気を少しでも感じていただけたらと思います。

ショップのエントランスからまず目に入るのは、前回ご紹介いたしましたマッキントッシュ青山店の別注モデル「MONKTON(モンクトン)」。

1025lachic1.jpg

1025lachic2.jpg

1025lachic3.jpg
シンプルな形ながら、圧倒的な存在感のある金ボタン。
深い艶のあるネイビー。
上質なカシミヤは〈Loro Piana〉のもの。
袖を通せばその別格の雰囲気に魅了されます。


こちらも、同じく〈Loro Piana〉の冬の定番素材となった「STORM SYSTEM」を用い、キャメルカラーに仕立てたトゥモローランドの今シーズンの別注「DOWN FIELD(ダウンフィールド)」。

1025lachic4.jpg
大変しなやかで軽い着心地からは想像できないような、保温・透湿・撥水という機能性も兼ね備えております。


広い店内にはあまりお目にかかることのないカラーのゴム引きコートがずらり。
こちらはウィメンズラインのステンカラーコート「BANTON(バントン)」。
ロングセラーの定番モデルです。

1025lachic5.jpg

1025lachic6.jpg

メンズラインでは豊富なバリエーションの<104 MACKINTOSH>コレクションがあります。
こちらは英国のオーセンティックなアウターウェアを
ゴム引きコートとして改めて表現したものです。
104とはロンドンにあるフラッグシップショップの番地のナンバー。

こちらは「Dundee(ダンディー)」というモデル。
今年の"ブリティッシュ"を象徴するホース・ライディング・コートです。
内側には老舗〈JOHNSTONS〉に別注したウールブランケットのライナー付き!
そして、元々はコートのはためきを防ぐために付けられたレッグストラップも。
こういったディテールが"ブリティッシュ"の伝統を感じさせてくれます。

1025lachic7.jpg

1025lachic8.jpg

1025lachic9.jpg

他にもダッフルコートやフィールドジャケット、ミリタリートレンチなど、こだわりの詰まったモデルが豊富にございます。

1025lachic10.jpg

1025lachic11.jpg

1025lachic12.jpg

1025lachic13.jpg

1025lachic14.jpg

1025lachic15.jpg

また、期間限定コーナーがラシックの1Fに10月31日(水)までオープンしています。
貴重なアーカイブや、著名人が〈MACKINTOSH〉への想いを語る「100 Secrets of MACKINTOSH」をご覧いただけます。
ぜひ、この機会にご来店くださいませ。

1025lachic16.jpg

1025lachic17.jpg

次回の〈Shop Column〉は11月1日(木)、〈MACKINTOSH〉の魅力をさらにお伝えしたいと思います。
お楽しみに。


デ・プレ 名古屋ラシック店
エディション 名古屋ラシック店

LACHIC Official Site
東日本大震災に対する支援について
メールマガジンのご登録はこちらから
twitter@TML_Nagolachic

名古屋ラシック店では現在、販売スタッフを募集しています。
詳しくはこちらの採用情報をご覧ください。