Back

Shop Column

2013.06.13

トゥモローランド ルミネ有楽町店

華麗なる脇役

ご存知の通り、6月は「JUNE BRIDE」といわれ、結婚式が多く挙げられる月であり、紙面やウェブ上でも様々なフォーマルスタイルの提案をみかけるようになりました。
男性のフォーマルスタイルの主役はなんといってもジャケット。
ここ数年でフォーマルのスタイルは様々になってきており、スーツスタイル以外のスタイリングをする方も増えているようですが、基本はジャケットを着用される方が大半だと思います。
今回のショップコラムでは、主役ではなく普段は脇役となるアイテム、サスペンダーに少しスポットをあてながら、これからの季節に相応しいフォーマルスタイルとともにご案内したいと思います。

130613yulumi1.jpg

130613yulumi2.jpg

サスペンダーの歴史を調べてみました。
その歴史はとても古く1700年代後半フランスで生まれたと言われています。
当時のパンツは胸あたりまであったので、必然的に巻くベルトではなく吊るすものになっていたそうです。
その後労働着に実用性を求めベルトループが作られ、その利便性からベルトスタイルが急速に広まり、現代にいたっております。

130613yulumi3.jpg

あまり知られていませんが、「男性のフォーマルシーンでは通常ベルトをしない」というスタイルにはそういった歴史的背景があったのですね。
またサスペンダーは常に上から吊るされている状態であるため、パンツのシルエットを綺麗に保てる効果もあり、フォーマルのシーンでは特にオススメです。

130613yulumi4.jpg

歴史のあるアイテムのためか、サスペンダーの色柄にはどこかトラディショナルな匂いを感じます。
ここ数年のトラディショナル回帰の流れにも、とてもマッチしていると思います。
いつも着られているスーツやジャケットでも、パンツのベルトを外し、肩から吊るすだけで雰囲気は大きく変わり、脇役であっても大きな役割を果たしてくれます。
ぜひ試してみてください。

以前のショップコラムで、様々なスタイリングをご紹介させていただいています。
TOMORROWLAND Shop Column「Well Formal Dressman」
あわせてご覧ください。

ルミネ有楽町店 Official Site
東日本大震災に対する支援について
メールマガジンのご登録
twitter@TML_Yurakucho

ilumine_for_shop_column.jpg掲載アイテムの一部はアイルミネでもご購入いただけます

ルミネ有楽町店では現在、販売スタッフを募集しています。
詳しくはこちらの採用情報をご覧ください。