Back

Shop Column

2013.09.05

トゥモローランド 吉祥寺店

My Paraboot、Our Paraboot

機能と品格。

130905kichi1.jpg

こちらは文翔館という洋館。
ヨーロッパのいち風景のようです。
休暇の折に、蔵王から山形に行った時の1枚。
多くの時を経てもなお、威風堂々としています。
当時の丹念な建築と設計。
いつの時代に見てもいいものです。

実用的かつ、美しいもの。
今回は、〈Paraboot〉パラブーツのシューズについてご紹介。

130905kichi2.jpg

130905kichi3-.jpg

こちらは秋の新作、別注の「CHAMBORD」(シャンボード)。
同社との長いお付き合いだからこそできるこの企画。
ジャケットスタイルから、デイリーウェアまで。
それにあう足元をイメージ。
意味のある別注を心がけました。

サン・ジェルマン・デ・プレの路面店にて。
この裏手にある通りには多くの靴屋が点在。
赤いグレインレザーの「MICHAEL」(ミカエル)がウインドウに。
とても綺麗に映っていました。
フランスにしかないもの然り。
また日本でしかない〈Paraboot〉。
そういうものがあっていいと思います。

黒のグレインレザー。
遠目から見ると墨黒のような色です。
柔らかい、膨らみのある黒。
それにより、ネイビーなどの寒色系から、ブラウンやベージュなどの暖色系まで。
服の色を自由自在に合わせることができます。

ウエルトをナチュラル仕上げに。
革の質感に洗練と軽さが生まれます。
磨いたら光りますし、マットに仕上げても。
それぞれの美学があります。

130905kichi10.jpg

「日本の街で映える靴」
ということでこの色、この素材。

130905kichi4.jpg

「CHAMBORD」は羽根を締め上げて履いてもかっこよし。
もちろん、ピッタリきれいめにも。
履き方に自由度のある靴です。
クロップドパンツにモノトーンのソックスで。
¥58,800


130905kichi5.jpg

130905kichi6.jpg

そしてもう一型「WILLIAM」(ウイリアム)。
カジュアルだけど品格のある一足。
タブルモンクストラップにキャップトゥ。
存在感のあるデザインだけにこの素材が映えます。
エレガントなアッパーにこのソール。
このバランスがいいんです。

シンプルなスタイルに一点。
十分、役目を果たしてくれます。
¥63,000


130905kichi7-.jpg

新作の〈Le minor〉。
釦の留め方がユニーク。
このようなカットソーにさらりと合わせても。

130905kichi8-.jpg

こちらは往年の選手(私物)。
これを履いて、随分いろいろな所に行った気がします。
ある一定の期間を過ぎると輝きが。
すり込まれたワックスが馴染み、底光り。
革に透明感が出てきます。
そうなったらもはや手放せません。
自分にとって、ワークブーツとドレスシューズの間をいくモノ。
という感じでしょうか。

自然の中でも、都会の中でも。
天候を気にせず履ける。
それでいて、お洒落でいてくれる。
それが、この靴の魅力です。

皆さまのお問い合わせや、ご来店お待ちしております。

佐藤 貴之

130905kichi9.jpg

東日本大震災に対する支援について
メールマガジンのご登録はこちらから