Back

Shop Column

2013.11.21

トゥモローランド 吉祥寺店

冬支度

突然訪れた木枯らしの後。
急に気温が下がり、そこから一気に冬になった感じがします。

1121kichi.jpg

先日の休日。井の頭線で駒場にて下車。
文教地区特有のアカデミックな雰囲気の街を散歩の後、日本民藝館へ。
柳宗理氏の企画展を鑑賞。
彼の著書の中によく出てくる「自然の摂理に従う」という言葉を思い出します。

自然と赴くままに、冬服を手に取りたくなる季節に。
今回は、この冬にお勧めしたいアウターや雑貨をご紹介します。

まずは〈Blue Work〉のダッフルコート。

1121kichi1.jpg

アイルランドの素材。ジョンブラニガンの生地を使ったコート。
肌触りはふっくら柔らかく、コシがあります。
白木のトグルと白い紐。それによりベースの素材が軽やかに。
裾や革を直線的にカット。
クリーンに、かつモダンに見せてくれます。
色違いのネイビーはシックなスタイルにもよく合います。

1121kichi2.jpg

1121kichi3.jpg
¥66,150

私物の〈DRIES VAN NOTEN〉のハリスツイードのコート。

1121kichi4.jpg

襟裏は白。カットは直線的な裁断。
それにより実用的な素材がキリッと見えるんです。
先ほどのダッフルコートにも共通する美点です。

足元は〈SAWA〉のスニーカーなども。

1121kichi5.jpg
上品なスエードのスニーカーが冬のコートを軽快にしてくれます。
個人的に、ダッフルコートにニット帽を合わせながらアディダススーパースターの合わせも好きだったので。
¥17,850


こちらは〈Barbour〉のコート。

1121kichi6.jpg
昨年のブラックウォッチに引き続き、今年はネイビーのウールで別注。
ウールにほど良くオイルを忍ばせた生地。
そこまでオイリー過ぎないので、通勤などでも使いやすいです。
デザインがシンプルな分、合わせる色柄を問いません。
ウールコートと、カントリーコートの2着を一度に揃えた感じです。
1121kichi7.jpg
¥69,300

〈Jo Gordon〉のマフラーで着こなしにアクセントを付けて。
¥21,000


最後に、〈Blue Work〉のファーダウンコート。

1121kichi8.jpg
表はコットン100%
コヨーテのファーが付いています。
赤いモデルに関しては、白いボタンがアクセントに。
ダウンの膨らみにより、袖を通すと見た目よりずっと軽いんです。
やや、ゆったりとしたコンフォートなデザイン。
パンツをやや細めにすると、しっくりきます。
他にナチュラルとネイビーをご用意。
¥59,850


冬になったら履きたくなるクライミングブーツ。

1121kichi9.jpg
こちらは〈CEBO〉のブーツ。スニーカー感覚で履けるクライミングブーツです。
¥24,990

ボリュームのある靴には、ソックスも当然変わります。
ANTIPASTのソックスで遊び心を添えて。
¥2,940

これで風が右から吹いても、左から吹いても大丈夫です。
皆さまのお問い合わせや、ご来店お待ちしております。

佐藤 貴之

1121kichi10.jpg

スマートフォンアプリ「TOMORROWLAND」のご案内
メールマガジンのご案内