Back

Shop Column

2013.12.05

トゥモローランド 銀座店

Antique Watch

ついに本格的な寒さがやってきましたね。
暦は12月になり、いたるところにイルミネーションが輝いています。
今年のクリスマスはエレガンスにこだわり、上品な飾り付けでお迎えします。

131205ginza1.jpg


さて、今年もトゥモローランド 銀座店では、[ANTIQUE WATCH COLLECTION]を開催しております。


131205ginza2.jpg
TOMORROWLAND News 「ANTIQUE WATCH COLLECTION 2013」


腕時計の歴史は長く奥深いですが、私たちは今、「腕時計」そのものが当たり前の存在となり、もはや生活必需品ではなくなってしまったように感じます。
確かに、正確な時間を知りたいのであれば、手持ちのモバイルツールを見れば十分ですよね。

しかし、絶対に必要ではないものだからこその「良さ」もあるのではないでしょうか。

腕時計はステータスシンボルとして身に付けたり、シーンに合わせて選ぶなど、時には身だしなみとしての役割であったりもします。
自分を演出する上で、相手の目につきやすい手元の表情を作ってくれているように感じます。

洋服と同じような感覚...つまり自分を表現するツールとして、よりファッションとして、アクセサリーとして、腕時計を「まとう」ようになってきた現代。
「腕時計」は、オーナーの個性やセンスの演出に、ひと役買ってくれそうです。


131205ginza5.jpg

131205ginza6.jpg


アンティークウォッチの魅力は、その健気な姿にあると思います。
時代を超え、何十年と精一杯動き続け、持てる力を出し尽くしているかのような、健気さ。
世の中のデジタル化が進み、さまざまな機能を搭載した腕時計があふれている中、ぜんまいを動力にし、毎日、しかも正確にせっせと動いています。

また、現行品には見られないようなデザインやモデルであることも魅力的です。
現代の多彩なデザイン競争からも逃れ、作られた当時の時代背景をも諭してくれているようです。

ベルトも楽しみのひとつです。
フェイスに合わせて、時にはフォーマルシーンに。
当時のベルトは消耗し残っていることは少なく、新たに付け替えられたものがほとんどですが、先述の「アクセサリー」として捉えるのであれば楽しみは広がりますよね。

つまりアンティークウォッチは、ただ単に時を知らせる能力以上のおもてなしをしてくれているのではないでしょうか。

131205ginza7.jpg
131205ginza8.jpg
131205ginza9.jpg
131205ginza10.jpg

皆さんもぜひ、アンティークウォッチを楽しんでみてはいかがでしょうか。
お問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。

また、トゥモローランドで取り扱うアンティークウォッチは、長くご愛用いただけるようにメンテナンスのサービスや保証なども整えておりますので、いつでもご相談ください。

今年も一年、トゥモローランド 銀座店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。
良いお年をお過ごしください。
来年もまた、よろしくお願い申し上げます。

Merry Christmas and a Happy New Year!

twitter@GINZA_TML
スマートフォンアプリ「TOMORROWLAND」のご案内
メールマガジンのご案内

2013gifts_shopcolumn.jpg