2020.10.29 / FOCUS

TOMORROWLANDERS


vol.4 廣瀬 智靖



ファッションからライフスタイルまで、

TOMORROWLANDの文化を創るヒトにFOCUS。


landers_20201027_001_.jpg



vol.4 廣瀬 智靖
TOMORROWLAND 日本橋高島屋S.C.店 / MANAGER

数多くのお客様が会いに来る彼は、元プロサッカー選手という経歴の持ち主。
有楽町ルミネ店での勤務を経て、今年7月より日本橋高島屋S.C.店のメンズマネージャーに。


landers_20201027_002.jpg

「ワードローブを広げるオーダースーツ」


今日は、昨シーズン自社でオーダーした、「DORMEUIL」社のTonikWool生地のスーツを着用しています。Tonikといえば「DORMEUIL」社の代表作ですが、WOOLをブレンドしているので、Tonikらしい弾力のある生地感と、サラッとした風合いが特徴。千鳥格子のスーツは、私のワードローブには無かったので、とても気に入っていますし、気分をあげてくれる1着です。ファッションはコミュニケーションの一部だと思っています。顔や声と同じ感覚で洋服がある。自分を表現できて、相手のコンディションも読み解くことができます。このスーツはある意味、ユニフォームと捉えていて、お客さまと接する際にこのスーツを着用していると自分自身が高揚するだけでなく、お客さまにも自分の姿勢を理解していただける。このスーツを通じて何人かのお客さまに、オーダーしていただけたのはとても嬉しかったですね。
シャツとタイは、スーツの柔らかい色柄に対してメリハリをつけ、シューズは〈ALDEN〉のパンチドキャップトゥを合わせています。私は、サッカーをしていたこともあり、体型が特徴的なのでボリュームのあるシューズでバランスをとるのがセオリーですね。

landers_20201027_003.jpg

「表情を変えてくれるニット」


好きなスタイルは専らジャケットスタイルです。合わせるアイテム次第で、全く異なった雰囲気になりますし、よりクリーンでエレガントに装うことができます。その日に会う人やTPOに合わせて着こなしの幅もありますし、着こなし自体を考える事もとても楽しみの一つですね。 そんなジャケットと同じく、毎シーズン買い足しているのが〈TOMORROWLAND〉の十八番でもあるニットアイテムです。ハイゲージからローゲージまで、毎シーズン2,3点購入しています。定番の様に見えるアイテムも色出し、素材感、ディテールは常にアップデートされていて毎年楽しみにしているアイテムです。 入社してからドレスクロージングに携わっていたこともあり、以前はドレスアップするアイテムを多く買い足していました。しかし、時代が変わり、ドレススタイルやビジネススタイルの変化に合わせて、ニットを取り入れたドレスダウンやカジュアルアップの様に適度なエレガントスタイルを心掛けています。特に今シーズンはお客さまに新しい提案をするために、ラグジュアリーなニットポロと少し軽さの出る、モックネックニットを買い足しました。どんなコーディネートで提案するか、想像しながらお客さまと向き合う瞬間は販売スタッフとして至福の瞬間ですね。

landers_20201027_004.jpg

「好きな事のプロフェッショナルに」


小学生の頃からずっとサッカーをして、高校卒業後にモンテデュオ山形に入団、6年プレーし、徳島ヴォルティスに移籍。2年プレーしました。プロとしてサッカーに人生を捧げてきた自分は好きな事しか仕事にできないと考えていました。 現役選手時代は、休日の息抜きがファッションだったこともありサッカーの次にファッションが大好きで。自分の中でサッカーをやりきった時には、ファッションの道に進みたいと自然に思うようになりましたね。Jリーグで8年プレーした後、2016年1月、26歳の時に引退。そして引退から1か月たたず、同年2月にトゥモローランドに入社しました。ちょっとした繋がりで、〈NARUTO TRUNKS〉の創立者山口さんに出会い、勧められたのがきっかけ。 私の理想は、自分の好きなことやものを仕事にして、その分野でプロフェッショナルになること。サッカーに100%で向き合ったように、ファッションでもプロフェッショナルになることを常に心がけています。プロフェッショナルとして突き詰めていく過程は、サッカーと同じ様に感じますね。

landers_20201027_005.jpg


「店頭が今のピッチ」


祖母の教えでもあったのですが、人とのご縁を大切にしています。入社の経緯もそうですが、今の自分があるのは、沢山の人との縁があってこそ。来店されたお客様をお伺いできることも、毎回が貴重なご縁ですね。一人ひとり違ったライフスタイルがあって、今後の人生に必要なものが異なる。だからこそ、相手をよく知り本当に必要なものを提案できる販売スタッフでありたいです。また、今は店頭が自分のピッチだと捉えています。選手時代、緊張感をもってサッカーに全力で向き合ったように、お客様に全力で真摯に向き合っていたいと思います。
今後は、ファッションを通じて世の中やお店の雰囲気を盛り上げると共に、お世話になったサッカー界へ恩返しができればと思っています。ありがたいことに、セカンドキャリアに悩むスポーツ選手へ向け講演会をする機会があります。自分の経験を惜しみなく伝え、サッカー界に恩返しができるように行動していきたいと思っています。







SHOP


landers_20201027_006.jpg
  • トゥモローランド 日本橋高島屋S.C店

    東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋高島屋SC新館 2F
    TEL:03-3270-7550  @tomorrowland_mens



  • Photographer / Kae Homma @kaehomma

    BACK

    RECENT ARTICLE