2022.08.25 / FOCUS

THE CHOICE

for women

TOMORROWLANDのいいもの、
オススメしたいものをご紹介。

August 25 Thu.

NONFICTION SPECIAL INTERVIEW

話題のライフスタイルビューティブランド〈NONFICTION〉が渋谷本店にて発売スタート。
フィクションが想像の世界を開く扉だとすれば、ノンフィクションは物語の本質を映し出す鏡。
〈NONFICTION〉は、日常生活の最もプライベートにある瞬間を通して、あなた自身の純粋な物語をサポートします。






INTERVIEW

nf_0345_R1.jpg-縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.jpg

-「ノンフィクション〈NONFICTION)〉」はどのように考案された名前ですか?


仕事だけに集中する日々の中で、なぜこのような製品を作ろう思ったのか、なぜ入浴する時間が特に好きで、集中できるのかについてじっくりと考えてみました。それは朝と夜、水に当たりながらシャワーを浴びるその時間だけが、携帯電話と離れ自分自身と向き合える瞬間だという事に気づいたからです。ブランドチームメンバーと「何が本当の人生で、何が偽物の人生なのか」について話し合いました。それは難しい話ではなく、現在を生きていく人なら誰でも共感できる話だと思います。ノンフィクションというのは化粧品を扱うブランド名としては珍しく感じられるかもしれませんが、むしろ目を引くのでは、と思い決めました。



Nonfiction_4.jpg

-香りを視覚化するために、ボトルやパッケージデザインに長年力を入れてきたと思いますが、製品デザインをする際に最も重要に考えていることはなんですか?


まず機能性と美しさのバランスを取ることがパッケージを考える上で最も重要でした。ボトルの容量と形、ポンプまたはプレスキャップのデザインは、香りを楽しみながら入浴する時間というのは内面に向き合って自分と対話する一種の「意識(ritual)」だと考えたので、デザインにおいて冷たい印象やミニマルなデザインはできるだけ避けることにしました。「暖かく、向かい入れる、祖母の家に遊びに行ったような、包み込む、親しみのある、謙虚な」といったキーワードをパッケージデザインはもちろん、空間デザイン、広告キャンペーン、そしてセールスを担当するスタッフである「フィクショニスト(fictionist)」の立ち居振る舞いにもつなげ、一貫性を保っています。 男性と女性で区分したくなかったので、男女ともに似合うデザインにすることも意識しています。
Nonfiction_2.jpg

-ベストアイテムは何ですか?


香りではサンタルクリームとジェントルナイトがすべての人に愛されやすい香りです。自然で人工的ではない中性的な香りを好むという人におすすめしたとき、こちらの2つの香りが好まれることがほとんどです。アイテムで見ると、ビューティー製品なのでシーズンによって変動があります。肌寒くなり始める時期には、荒れた手を保護するハンドクリームやリップバーム、保湿に必要なボディローションが人気を集め、暑い時期にはウォッシュ商材が売れています。コロナ時には需要の高いハンドウォッシュとハンドクリームのセットが、センスのあるギフトアイテムとして人気を集めました。

-日本のカスタマーにメッセージはありますか?


忙しく流れる時間の中で自分自身に集中する時間を作ること。それはつまり「セルフケア(self-care)」自分自身を大切にすることにつながると思っています。現代社会では仕事と生活を分けることは非常に難しく不可能と言えます。しかし、自分だけのための時間を持つこと、自分を優先して時間を作ってあげることは忘れてはならない重要な部分です。〈NONFICTION〉の香りが自然にそんな時間を作るきっかけになれば嬉しいです。
INTRODUCER

TOMORROWLAND
バイヤー 増田朋子

雑貨やコスメのバイヤーを担当。
世界中の雑貨やコスメブランドを知り尽くし、探究しています。
休日はもっぱらアクティブ。趣味は相撲観戦。

BACK

RECENT ARTICLE